fbpx 今すぐ予約
ブログ・コラム
有酸素運動・やりすぎはダイエットに逆効果!

ダイエットのためにジムに通って運動したり、毎日ウォーキングをがんばっているのにどうして全然ヤセないの?!なんてお悩みをかかえている人はいませんか?

ダイエットに運動は欠かせないもの!というのは多くの人が考えている、ダイエットの常識。たしかに適度に体を動かすことはダイエットのためにも、美容や健康のためにもとっても大切なことですよね。

でも、がむしゃらに運動しているだけでは効果はありませんし、逆にヤセにくくなってしまうことだってあるんです。

有酸素運動と無酸素運動

運動には、「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。

有酸素運動:比較的弱い力が継続して筋肉にかかる運動。体脂肪を燃焼させ、その材料として酸素が必要。
(ウォーキング・エアロビ・ゆっくりした水泳など)

無酸素運動:瞬間的な強い力を、筋肉の糖質を消費して行う。
(短距離走・筋トレなど)

この、体脂肪を燃やしてエネルギーとする有酸素運動がもっともダイエットに効果的だとされています。

しかし、有酸素運動がダイエットにいいから!と毎日毎日数時間、有酸素運動を続けているとダイエットどころか逆にヤセにくくなってしまう可能性が・・・。

有酸素運動で太るワケ

有酸素運動で燃えるとされている体脂肪は、リパーゼという脂肪分解酵素によって分解されて燃焼されています。このリパーゼをたくさん働かせることが重要なのですが、低温では脂肪細胞を破壊するチカラが弱く、高温では細胞がバテて働きがニブくなってしまいます。

適温は体温より1℃~2℃上がった状態だといわれていて、それは少し汗ばむくらい。有酸素運動をスタートさせてから、だいたい20~30分後です。このあとは運動を続けるほどどんどん体脂肪を燃やし続けていってくれるのですが、じつは体脂肪の燃焼とともにタンパク質も分解されているんです。

有酸素運動を続けて90分が経過すると、タンパク質だけが分解されて失われ続けていきます。タンパク質は筋肉を構成している大切な成分。タンパク質が失われれば筋肉量も当然減ってしまうので基礎代謝が下がり、ヤセるところか逆に太りやすく、ヤセにくいカラダになってしまうというワケです。

ヤセるための正しい有酸素運動

①1回の運動は20分~30分

有酸素運動は20分を過ぎたところから脂肪の燃焼が始まるので、20分以上続けることがダイエットに効果的だとされていますが、長すぎると先ほどお話ししたようにタンパク質だけが燃焼されるようになり、筋肉が減ってしまいます。

また、長時間の運動は筋肉を疲労させます。疲れが回復するまでには48時間ほど、長くて72時間もかかります。筋肉の疲労がきちんと回復しないまま運動をすると、効率も悪くなりますしケガをしてしまうリスクが上昇。

ダラダラとウォーキングや水泳を続けても意味がなく、逆にヤセにくくなったりとリスクを高めるだけ!体脂肪をたくさん燃やそうと欲ばって、長時間ムダ運動を続けるのはデメリットしかありません。

そのために、1回の運動は20分~30分がもっとも適していると言われています。まとめて運動する時間の取れない人は、10分を3回などに分けてもOK!一駅歩く・階段を使うなどなるべく自然にカラダ動かせるような習慣づけをするのもいいですね。

②2~3日に一度の運動

有酸素運動は弱い負荷を継続して筋肉にあたえる運動方法です。しかし毎日続けて行ってしまうと、わたしたちのカラダは次第にこの負荷に慣れて、せっかくの運動もだんだんと効果が出なくなってしまいます。

それに運動が何かの事情でできなくなったときや食事がちょっとカロリーオーバーしてしまったとき、すぐにリバウンドするような体質になってしまうことも。

筋肉の減少やケガをふせぐためにも、有酸素運動は2~3日に一度が安全で効果的。筋肉をしっかり休ませて疲れが回復してから運動することができます。毎日毎日運動を続ける・・・となるとハードルが高く感じますが、2~3日に一度となると、だいたい週に2~3回。これだと続けやすいですよね♪

「毎日駅から家を歩いて往復するようにしているけど、大丈夫かな?」なんて思っている人も大丈夫!運動の強度が弱ければ、毎日でも筋肉が減ったり疲労でケガをしてしまったり、という心配はありません!

また、これは有酸素運動に限ったことではありませんが、運動前と後にはしっかりと水分補給をする・空腹時や食事を摂ってから直後の運動は避ける・ストレッチでカラダをほぐしてから運動する・・・など、安全に運動するための基本も忘れないようにしてくださいね!

まとめ

ダイエットに運動は大切ですが、ヤセたい一心でハードな運動を行ったり、思うように結果が出ないからと焦って急に運動強度をあげたりするのは禁物!効果はすぐに出るものではなく、継続のたまものであることをしっかり肝にめいじておくこと!

自分に合った適切な有酸素運動で、理想の体型を手に入れましょう♡